6月13日 ゼミ日誌

こんにちは! 20期の島です。

6月13日のゼミでは4限でNS一つと、三田論の仮テーマ3つの発表、5限で平野先生による、福沢諭吉の事業思想と門下生の企業者活動の講義が行われました。

 

♢NS

問題提起:企業は男性の育児休暇を義務付けるべきか?

YES側

・育休をとるのが当然という風潮を形成することが出来る。

・事前に休暇期間が分かっているため仕事への影響は出にくい。

NO側

・育児の質の向上や少子化対策に貢献するのかは疑問。

・収入が必要な人々にはかえって枷になる。

 

また、YES側としては、取り敢えず義務化し育児への価値観を変えて、企業の損失は政府が負担すべき、という意見や、NO側として、育児休暇は労働者の権利にすぎず、義務化するのはおかしいのではないか、という意見などがでました。

 

♢三田論仮テーマ

①なぜソーシャルゲームが普及したのか。

②スポーツにおけるコストは競技人口に影響するのか。

③CMをはじめとした広告の量と好感度は比例するのか。

 

四年生の意見

①全体的にもう少し研究対象を絞り、定義を確認して先行研究から発展させると面白い

②縦と横の軸で考察してみて、他の要因との比較(相関関係の利用)をした方がよい

マーケティングの領域でさんざん議論されているためオリジナリティがほしい

 

どれも、面白い着眼点でしたが、三田論に使用するにはもう少し内容を詰めるべき、という意見が多かったです。

 

♢講義

要点:①福澤の言う会社の目的とは公益の追及

   ②尚商立国(商を尊び、商を盛んにして、国の独立を確かなものにする)

   ③官尊民卑の打破の必要性

   ④新しい時代の実業の担い手=士流学者

 

福澤先生が門下生たちに、商人でありながら士の心を常に持つことの必要性を説いたのは、非常に興味深い内容でした!

 

以上です。

 

 

6月10日 ゼミ日誌

こんにちは、20期の柴田です。

6月10日のゼミではNS2つと、『ファッションで社会学する』Part1の輪読を行いました。


◇NS①

問題提起:日本はライドシェアに関する規制を緩和すべきか

YES側

・タクシー業界の人員不足対策

・需要のある地域、北海道など、での試験的導入ならいい

NO側

・都内では需要がない

・安全面に問題がある


こうした意見の他、タクシー料金より安いため、選択肢を増やすのはいいことではないか、アプリなどで管理されているため、安全面は大丈夫ではないかといった意見もありました。

◇NS②

問題提起:職場で女性のパンプスやヒールの着用を義務付けるべきか。

Yes側

・取引先への印象が悪くなる

・規律の緩さを思わせてしまう

NO側

・ヒールやパンプスは健康面において問題がある

・風習を変えられるのであれば変えたい

こうした意見の他、義務化にしなくてもヒールやパンプスを履く風習に戻ってしまうのではないかという意見もありました。


◇輪読

藤田結子・成実弘至・辻泉編『ファッションで社会学する』有斐閣、2017年

Part1 メディア

問:メディアとしてのファッション誌はどのように成立し、発展したか?

答:既製服の普及・各家庭の購買力の上昇等により1970年代に成立した(第3章) まず女性誌、ついで男性誌が登場し、ジェンダー規範に対して時には従い、またある時にはそれを変容させつつ多様化していった。(第1章、第2章)


以上です。


5月30日 ゼミ日誌

こんにちは。

更新が遅れています、20期の堀岡です。


5月30日のゼミでは、NS1つと『デパートを発明した夫婦』第2,3章の輪読を行いました。


◇NS


問題提起:ふるさと納税制度の「返礼品」を廃止するべきか?


YES側》


・地場産品を返礼品にすると、地域間によって寄付金の格差が生じる。


・家電やギフト券を返礼品にしている自治体もあり、地場産品から地方支援をするという本来の目的から逸れている。


NO側》


地方自治体を知る良いきっかけになる。


・返礼品はふるさと納税制度に必要であり、廃止するのではなく規制をして管理すべきだ。


上のような意見が出た他、ふるさと納税制度自体に対する議論にも発展しました。税金とは公共サービスの負担を皆で分担していくものであり、ふるさと納税による自治体への税の減免は税金に対する概念を歪めてしまうというものです。


◇輪読

鹿島茂『デパートを発明した夫婦』講談社現代新書、1991年。


第2章 欲望喚起装置としてのデパート


問い:「ボン・マルシェ」はどのように客の欲望を喚起するのか?


答え:

①スペクタクル空間の創出

②人流の支配

③商品ディスプレイの工夫

④女性客への戦略


第3章 教育装置としてのデパート


問い:「ボン・マルシェ」は中産階級の購買活動をどのように合理化したのか?


答え:アッパー・ミドルのライフスタイルを中産階級に植え付けた。

①独自のアジャンダ、広告の活用

②文化戦略の活用

③カタログによる通信販


ブシコーはデパート内の売場配置やディスプレイによって客を引き付け、需要を引き出しただけでなく、客を啓蒙していくことで消費を促していったことが分かりました。



以上です。

6月6日 ゼミ日誌

こんにちは、20期の星野です!

6月6日のゼミではNS1つと、『デパートを発明した夫婦』第4,5章の輪読を行いました。


◇NS

問題提起:コンビニの24時間営業は廃止すべきか。

YES側

・オーナーの負担が大きい。

・深夜帯におけるコンビニ需要の少ない地域では、廃止すべき。

NO側

・深夜に営業している店があることの安心感。

技能実習生などの外国人にとって、割高の深夜アルバイトは重要な収入源。


こうした意見の他、コンビニに関しては外国人店員へのハラスメント問題や、深夜にコンビニを求める社会自体に問題があるのではないかといった新しい問題が出てきていることもわかりました。


◇輪読

鹿島茂『デパートを発明した夫婦』講談社現代新書、1991年

第4章 管理の天才、ブシコー

第5章 利益循環システムとしての福利厚生

問:ブシコーはどのようにして社員のやる気を引き出し、また会社の永続的な安定した経営を実現したのか。

答:

①販売、給与体制における合理的な管理システム

②福利厚生の充実化

③従業員の階級意識の改造

社会保障制度の確立


人事管理には、合理的、成果主義的な手法と、反対に職場の人間関係や福利厚生を重視する手法があり、ブシコーはその2つの手法を巧みに使い分けることによって成功したことがわかりました。


以上です。


5月27日 ゼミ日誌

こんにちは、19期の平田奈々です!

 

5月27日のゼミでは、NS2つと、『デパートを発明した夫婦』第1章の輪読を行いました。

 

◆NS①

問題提起:日本でも同性婚を認めるべきか?

YES側

①認めることによる少子化の懸念は妥当でない、②相続権や財産権などの権利面の制限をなくすべきである

NO側

世間の理解が追いついていないため、急ぐべきではない

 

婚姻関係と相続の問題などから、結婚制度そのものをなくすのはどうか、という話に及びました。同性婚や、事実婚が認められることで、本人が望む人に相続できると考えられますが、これまでの日本の制度を大きく変えることとなるため、コストや混乱を懸念する意見も出ました。

 

 

◆NS②

問題提起:日本の小学校教育で「命の授業」(小学校で育てた魚を食す、など)は行うべきか?

YES側

①子どもが動物の命の大切さや死の重さを学ぶには有効、②小学生のうちに経験することは効果的

NO側

①命の大切さは別手段でも学べるため不必要、②一生残る深刻なトラウマへの懸念

 

実際にこうした授業を経験したゼミ員や、先生のお話を聞いて、後の人生に与える影響の大きさも感じました。

 

◆輪読

鹿島茂『デパートを発明した夫婦』講談社現代新書、1991年

第1章 ブシコーとデパート商法

問い:ブシコーがボン・マルシェで生み出した販売方法は何か。

答え:①薄利多売方式、②バーゲンセール、③目玉商品、④返品可能

 

なぜフランスがデパートの発祥地になったのか、について議論を行いました。社会構造の変化と消費社会の変化との関連を念頭においた意見交換ができました。

 

 

以上です。

5月23日 ゼミ日誌

こんばんは!19期の葛です。
5月23日のゼミでは、NS一つと三年生のディベートを行いました。

 

◇NS

問題提起
高齢者は免許を返納するべきか?

YES側
・運動機能低下による交通事故を予防できる。
・車検や維持費などのコストがかからなくなり金銭的に少しゆとりができる。

 NO側
・高齢者の生活が不便になる。
・近い将来自動運転が浸透するため免許の返納の必要はない。

 

また、YES側では、一括返納ではなく、自主返納する人に特典を付ける、NO側では、運転することによって高齢者が認知症になる確率が下がるなどいろいろな意見が出ました。

 

ディベート

テーマ:日本でキャッシュレスを推進するべきか

YES側の立論
①外国人客の商機を逃すことがなくなる
②キャッシュレス化による効率的マーケティング
③社会コストを削減できる

NO側の立論
①店舗の負担増大
②災害時に決済機器が使用できず混乱が生じる
③日本にはキャッシュレス化の必要性がない

 

結果はNO側の勝利で、ベストディベーターは堀岡さんでした!
三年生初めてのディベートですが、よくできたと思います!

 

以上です

 

5月20日 ゼミ日誌

こんにちは!19期の伊大知隼人です。

5月20日のゼミでは、NS1つと『経営革命の構造』第4,5章の輪読を行いました。

 

◇NS

問題提起:巨大IT企業に対する規制を推進すべきか

YES側:①不公正な取引を防げる ②寡占を防ぎ、プラットフォーマーの競争を促せる

NO側:①利用者の利便性低下やコスト負担の恐れ ②企業の成長を阻む可能性がある

イメージの湧きやすい利用者目線での立場から、一人を除いてみなNO側となりました。すると先生から「規制というと悪い印象を抱きがちだが、必ずしも競争を抑制するものではない」というご指摘を受けました。多面的な視点で捉えることの重要性を実感しました。

 

◇輪読

米倉誠一郎『経営革命の構造』岩波新書、1991年

第4章 日本型組織革命の進展

問い:戦後日本の経営革命の本質は何だったのか。

答え:①鉄鋼業などの高付加価値産業での傾斜生産方式

   ②ジャスト・イン・タイム方式によるケイレツ生産

第5章 シリコンバレー・モデルの登場

問い:シリコンバレー・モデルの特徴と成功する要因は何か?

答え:①情報革命によってもたらされた不確実性の高い事業に有効であること

   ②数多くの試行錯誤を実行させるモデルを完成したこと

日本型経営システムに関する理解をより一層深めることができたかと思います。

 

以上です。